OVER THE CLOUD

アクセスカウンタ

zoom RSS J2:第9節 札幌 vs C大阪

<<   作成日時 : 2009/04/19 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

4-1で快勝!といいたい所ですが…

点差ほど両チームの試合内容に差はなかった、
むしろセレッソの攻撃にかなりの脅威を感じた。
特に乾、香川のコンビには相当冷や汗をかかされてしまった。
彼等がバイタルエリアでボールを持った時の
ゴールへ向かって行くドリブル、その姿勢はコンサの選手にも是非見習って欲しい。

もちろんコンサの方も悪かった訳ではなくて、
むしろ今までで一番いい内容だったとは思う。
それは21本というシュート数に表れていて、
セレッソの約2倍の数を打っていることになる。
それだけゴールに対する積極性が示せたのでは。
と同時にこの試合を通して高い集中力で臨めていたと思う。

球際に強く行って当たり負けしないシーンも結構多かったように思う。
ただ、少し遅れ気味に行ってしまいファールになるシーンも多いので、
それは今後の課題だろう。

そういえば後半途中で交代要員として柿谷が投入されるべく準備していた
はずなのに、なぜか交代されなかった。
第4審判が交代選手のボード(確か8番(香川)だったと思う…)まで用意してたのに。

試合後のセレッソのクルピ監督のコメントを読むと、
その意図が下のように語られている。
「柿谷を投入しようと思ったのですが、あえて止めたのは、
大差で負けている試合を通して選手たちに学んで欲しいというメッセージを送りたかったからです。
負けた状況のなかでいかに選手たちが結果を求めて最後まで戦い続けるのか、
そのなかで彼らが何を学ぶのか。
そういったことであえて交替を止めました。
香川を見て思ったのは、あのスコアのなかで必要以上に落ち込んでいるのではないかということ。
そのメンタルの弱さを変えなければならないという考えがあったからです。
逆に乾は試合が終わった後、負けたことに泣いていました。
私はあえて選手たちに先ほど伝えました。
次の試合、今日と同じメンバーで戦う、と。
このメンバーでミスをした以上、同じメンバーでもう一度勝利を求めて戦い、
一回り大きく成長して欲しいと考えています」


非常に興味深いです。
こうしたコメントを残す監督は他にも居ますが、
クルピ監督には今後も注目していきたいと思っています。

昇格を争う相手というにはおこがましい現在の札幌の順位ですが、
今日の試合のように、どんな相手と戦うときも高い集中力と目標を持って
今後の試合に臨んでほしいと思います。
やれば出来るのだから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
J2:第9節 札幌 vs C大阪 OVER THE CLOUD/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる